大阪府立泉尾高等学校

2016年10月21日

美術T 貝の化石を作ろう!−石こうによる型どり−

「新種の貝の化石を作ろう!」と題して、石こうの型どりに挑戦しました!

最初に、油粘土を使って、化石の原型を作ります。
自分で考えた貝の形・模様を粘土に彫りこんでいきます。

ブログ用10.jpg

ブログ用12.jpg

粘土を彫り、原型が作れたら、型に流すための石こうを準備します。

ブログ用11.jpg

自分たちで水の分量を調整しながら…石こう(液体)を作ります。

ブログ用2.jpg

「思ったより石こうが早く固まって使えなくなった〜!」
「これは水が多すぎてシャバシャバすぎるからもう少し石こうの粉を増やそうか!?」
など、自分たちで考え、素材と向き合いながら制作を進めるなかで、石こうの特徴を理解していきました。

ブログ用5.jpg

石こうの準備ができると、いよいよ粘土の原型に石こうを流し込みます。
型から石こうがこぼれないよう慎重に、丁寧に。

ブログ用7.jpg

ブログ用3.jpg

石こうが固まり、粘土の型から石こうを取り出せたら、化石の完成です!
ブログ用17.jpg

貝を飾る土台(発泡スチロール)にも石こうを塗ります。
土台には、化石が埋まっていた地層を表現しました。
自分なりの表現方法を探究しながら、伸び伸びと制作に取り組みました。

ブログ用4.jpg

ブログ用16.jpg

最後に、貝の化石を土台に貼り付け完成です!
ブログ用18.jpg

posted by 担当 at 12:27| お知らせ

2016年10月11日

10月4日(火) ニンテンドー3DSを用いたオシロスコープ活用授業

 10月4日(火)「物理基礎」の授業で、株式会社スマイルブーム「プチコン3号 SmileBASIC」上で動くソフト(東北文教大学 眞壁准教授によってプログラミングされたオシロスコープ)を使って、「音波の観察」の授業を実施しました。
 スマイルブームの小林様・徳留様、東北文教大学 眞壁准教授、ゲームジャーナリスト 小野様、大正高校の先生数名にも、授業を見学していただきました。

 <担当者より>
 物理基礎の音波の授業で、3DSのソフトを利用した観察・実習の授業をおこないました。目に見えない音波が「波」であることを3DSの画面上で一人ひとりが確認し,音の3要素(大きさ・高さ・音色)が波としてどのように現れるのかを調べました。
 扇風機の音など普段気にしないような音でも実験時には雑音になっているといった気づきもあり,みんな思い思いに楽しそうに活動してくれていたと感じました。
 今後も3DSに限らず、実験などを通して、さまざまな現象に多く触れられるように取り組んでいきたいと考えています。
20161004_1.jpg 20161004_2.jpg
20161004_3.jpg

posted by 担当 at 11:34| お知らせ